神戸グレゴリアンチャントの会

2002年4月にローマ教皇庁立宗教音楽院で研鑽を積まれた故帘(さかばやし)神父を指導者に迎え神戸で設立されたグレゴリオ聖歌にチャレンジする歌唱グループです。男性のみのグループで、中世の男子修道院での祈りの響きを再現することを目標に近代の楽譜の原型であるネウマ譜を使用し練習に励んでいます。

グレゴリオ聖歌は、もともとは口伝口承により伝えられてまいりましたが、現在、私たちは4線譜のネウマ譜を用いています。本日歌いますRequiemは正式には「死者のためのミサ」でありますが、グレゴリオ聖歌に共通するルールに則って、歌詞の冒頭を取ってRequiemと通称されています。今回は一連のレクイエムミサのなかから3曲、および通常ミサにも共通する主の祈りを歌います。

Copyright © 2017 Executive Committee of the Uranami Chorus Festival All rights reserved.