女声合唱団アルバエコー

2014 年 9 月に東灘区で誕生した女声合唱団です。譜読みが不安な人から、長く合唱をやってきた人まで様々な団員が集まり、毎週山口英樹先生の魅力あふれる楽しいご指導のもと、練習に励んでいます。美しい日本語が、合唱を通し美しい響きとなり、聴いて下さる皆様の心に届きますように…

軽快なリズムで始まる「赤いやねの家」は 1989 年にNHKで放送され、小学校の教科書にも掲載された、長く親しまれている曲です。「ぜんぶ」は、さくらももこさんの詩集“まるむし帳”に収められています。シンプルな言葉で、語りかけるようなこの曲は大切なことを教えてくれます。合唱組曲【明日へ続く道】から「悲しみの意味」は、人は楽しい事や嬉しい事だけでは本当の自分にはなれないと。「もう一度」では感動的なフレーズの中に諦めない前向きな気持ちが湧いてきます。

Copyright © 2017 Executive Committee of the Uranami Chorus Festival All rights reserved.