バッカスコンソート

指揮:山口英樹

神戸市を拠点に2011年に結成した小編成の合唱団です。常任指揮者として山口英樹氏を招聘し、ルネサンス時代のアカペラ合唱曲を中心に宗教曲、世俗曲を問わずに演奏しています。今回は宗教曲3曲と世俗曲2曲を演奏します。

イタリアの作曲家パレストリーナの作品「救い主を育てた御母よ(Alma redemptoris mater)」は、聖母マリアの美しさ、優しさをたたえる聖歌です。「帰っておいで(Come again)」はイギリスの作曲家ダウランドの世俗曲で、かなわぬ恋を歌います。パレストリーナ作曲のモテット「鹿が水を求めるように(Sicut cervus)」は、主を渇望する魂を歌っています。「まことのお体(Ave Verum corpus)」は、カトリックの讃美歌です。カトリックが迫害されていた当時のイギリスで、作曲者のバードは救いを求めてひたすら祈ったのでしょう。「我らは歌う(Sing we and chant it)」はイギリスの作曲家モーリーの作品です。若い男女の快活な様を描いています。

ホームページ:http://www.bacchus-consort.com

Copyright © 2015 Executive Committee of the Uranami Chorus Festival All rights reserved.